閑散期も繁忙期も活用

合宿免許の場合は、閑散期も繁忙期も活用することが可能です。本来参加する方は、昼間だけ講習を受けて、後はまたスケジュールが空いている時に参加するということが多いです。しかし、合宿免許の場合は短期間で取得できるということで、閑散期に参加することはもちろん、繁忙期にパパッと取得することもできるのです。そうなると、教習所自体の負担も少なくなるため、費用を安くすることができます。参加する方もすぐに取得して卒業していってくれます。そういう回転率の高さがより費用を低くしてくれるのです。

また、閑散期などはかなり費用も安く済みます。もともと通ってくれる人が少ない閑散期も合宿によって回転率を高めることができれば、教習所としても無駄な時間を過ごすことは避けられます。だからこそ、費用を安くしてでも参加する人を募集しているのです。そういう意味では、閑散期に参加すれば利用者にとってもかなり良いと言えるでしょう。特に閑散期だとかなり費用は安いです。また、繁忙期も短期間で回すことができる合宿免許は、教習所側にとって効率の良いものと言えます。だからこそ費用自体をかなり安くすることができる訳です。その点も含めて、参加を考えてみてはいかがでしょうか。